低用量ピルの避妊効果や双極性障害の治し方を知ろう!

双極性障害の治療薬

 drug

うつ病よりなお重篤な症状を呈することがある双極性障害は、精神療法や薬物療法をうまく組み合わせて治療できる病気です。主に使われているのは、気分安定薬と抗精神病薬です。

この記事の続きを読む

ピルの避妊効果

sad

心や体をコントロールし、病気を治したり、避妊などを実現させる。それが薬の役割です。
心のコントロールを、ある意味では病気によって乗っ取られてしまう双極性障害を治療する薬があり、避妊薬の低用量ピルがあります。
その働きのメカニズムについて、知っておきましょう。たとえば低用量ピルを飲むとき、そのメカニズムが分かっていないと、たとえば「安全な薬なのかしら?」「一生妊娠できなくなるのでは?」などの不安を抱えてしまう場合もあるでしょう。不安に思いながら薬を飲むのは良いことではありません。

低用量ピルについて言うなら、「安全だし一生妊娠できないようなことにはならない」という答えをすることになるでしょう。
この避妊薬は、飲むのをやめれば次の日からでも飲む前の状態に戻ることができます。低用量ピルは、女性の排卵(卵子が卵巣を出て子宮に移動すること)を抑え、さらに精子が子宮まで移動してくるのを防ぐ役割があります。それによって避妊を成功させているのです。低用量ピルを飲むのをやめれば、薬によって抑えられていた排卵や精子の侵入が妨げられずに起こるようになり、再び、タイミングが合えば妊娠できるようになるわけです。
このようなメカニズムを持つ低用量ピルは、安心して使うことができるというわけです。

ちなみに、安心して飲める低用量ピルは、数ある「避妊法」の中でも、いちばん信頼できる方法であるとされています。
成功率は限りなく100%に近いものとなっています。
飲み忘れなどが起きない限りは、まず確実に避妊できると考えて間違いありません。

抗うつ剤や睡眠薬とともに

stress

心を安定させることで治せる双極性障害ですが、重いうつ病を併発している場合に抗うつ剤が利用されたり、不眠症が出た際には睡眠薬が利用されたりと、さまざまな薬が併用されます。

この記事の続きを読む

薬を購入する方法

cure

避妊薬の低用量ピル、双極性障害を治療するときに使われる抗精神病薬や抗うつ剤は今、通販で購入できます。病院へ行かなくても買えるので、時間がない人などもお手軽に薬を入手できます。

この記事の続きを読む